2021-05

クラッスラ属

金のなる木 どのように育てるといいの? 特徴は?

金のなる木は、縁起のよい名前と育てやすさから人気の品種です。丸く平べったい葉が硬貨に見えることから、英語では「マネーツリー」と呼ばれています。日本では、5円玉を通して枝からお金が生えているように仕立てたものが流行したことから、金のなる木や成金草と呼ばれるようになりました。 
セネシオ属

ピーチネックレス 育て方は? 特徴は?

ピーチネックレスの原産地はアフリカで、暑さ寒さに比較的強いです。成長のスピードは普通で、下に垂れるように伸びます。春には成長点から花芽が伸び、白いふわふわとした花が咲きます。ピーチネックレスは、蔓状に成長する分、地面との接点が多く湿度に弱いです。また、多肉植物らしからぬ見た目から一般の植物と同じようにたっぷりと水やりをしてしまい枯らしてしまうケースも多いようです。葉が乾燥してから水やりをしても遅くはないので、乾燥気味に育てることを意識しましょう。 
セネシオ属

三日月ネックレスの育て方と特徴は?

三日月ネックレスは、ぷっくりとした半月型の葉が、蔓に沿ってネックレスのように連なります。「ネックレス」という名前がつく蔓状の多肉植物にはいくつか種類があり、三日月、ピーチ、グリーン、ルビーなどそれぞれ葉の形に個性があって変化を楽しむことができます。蔓が下に垂れるように育つので、ハンギング用の鉢に植えることをおすすめします。 
多肉植物

多肉植物 キク科 セネシオ属

セネシオは、世界各地に生息しています。よって2000種近くもあると言われていますが、多肉化の種類は80種程です。見た目も様々あります。たとえば、茎が垂れ下がってるものや 葉が尖ったもの 細長いものなどです。 セネシオは、育てるのが難しいものがあり 水やりや日光不足などで枯れてしまうことがあります。室内で育てることがやや大変です。 
アナカンプセロス属

吹雪の松 育て方は?特徴は?

吹雪の松は、アフリカ原産で、暑さ寒さに比較的強いです。成長のスピードは遅く、脇芽を出して群生します。春には、成長点から花芽が伸び濃いピンク色の花が咲きます。花は一日花で、昼過ぎから夕方にかけて開花します。自然にこぼれ落ちた種子が根付くことがあります。アナカンプセロス属の特徴として、葉の間に白いひげのようなものが生えますが、成長に必要なものであるため取らないようにしましょう。 
アナカンプセロス属

桜吹雪 アナカンプセロス 育て方と特徴は?花は?

桜吹雪は、南アフリカ原産で暑さ寒さに比較的強いです。もともと小ぶりですが、成長のスピードは遅く、脇芽を出して群生するように広がります。5~6月に咲く花の種子からも繁殖が可能で、自然にこぼれ落ちた種子が根付くことがあります。紅葉斑という珍しい品種で、気温が下がる秋から冬にピンク色が鮮やかになり、夏はやや白から緑色に近づきます。 
多肉植物

多肉植物  スベリヒユ科  アナカンプセロス属 

アナカンプセロスは、南部アフリカ原産の約100種の多年生多肉植物の仲間で多年草になります。特徴としてまず葉っぱが特徴です。最初は、小さな楕円形の葉が出てきますが成長するにつれて横に大きく伸びていきます。色は、薄めの緑色で、若い時は薄いピンク色になり徐々に緑色になることもあります。大きさもそれほど大きくならず 3cm~10cmぐらいの高さがほとんどです。性質は丈夫な種類で温暖地域であれば、外での育成でも大丈夫です。 花は、白やピンク 紫 紅色などがあります。 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました