スベリヒユ科

アボニア属 

アボニア属 ウスツラータ アナカンプセロス属 ・ウスツラータの育て方と特徴は?

スベリヒユ科 アボニア属 もしくは アナカンプセロス属 ウスツラータ ウスツラータは、ニョロニョロとした不思議な見た目の多肉植物です。 とても希少な品種で、園芸店などでもなかなか手に入れることができない入手困難な品種です。 特徴は...
アナカンプセロス属

吹雪の松 育て方は?特徴は?

吹雪の松は、アフリカ原産で、暑さ寒さに比較的強いです。成長のスピードは遅く、脇芽を出して群生します。春には、成長点から花芽が伸び濃いピンク色の花が咲きます。花は一日花で、昼過ぎから夕方にかけて開花します。自然にこぼれ落ちた種子が根付くことがあります。アナカンプセロス属の特徴として、葉の間に白いひげのようなものが生えますが、成長に必要なものであるため取らないようにしましょう。 
アナカンプセロス属

桜吹雪 アナカンプセロス 育て方と特徴は?花は?

桜吹雪は、南アフリカ原産で暑さ寒さに比較的強いです。もともと小ぶりですが、成長のスピードは遅く、脇芽を出して群生するように広がります。5~6月に咲く花の種子からも繁殖が可能で、自然にこぼれ落ちた種子が根付くことがあります。紅葉斑という珍しい品種で、気温が下がる秋から冬にピンク色が鮮やかになり、夏はやや白から緑色に近づきます。 
多肉植物

多肉植物  スベリヒユ科  アナカンプセロス属 

アナカンプセロスは、南部アフリカ原産の約100種の多年生多肉植物の仲間で多年草になります。特徴としてまず葉っぱが特徴です。最初は、小さな楕円形の葉が出てきますが成長するにつれて横に大きく伸びていきます。色は、薄めの緑色で、若い時は薄いピンク色になり徐々に緑色になることもあります。大きさもそれほど大きくならず 3cm~10cmぐらいの高さがほとんどです。性質は丈夫な種類で温暖地域であれば、外での育成でも大丈夫です。 花は、白やピンク 紫 紅色などがあります。 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました