アエオニウム属の種類

アエオニウム属

小人の祭りの育て方と特徴

小人の祭りは、アフリカのカナリア諸島が原産地です。アエオニウム属の特徴として、葉がロゼット状(放射線状)に密集して広がっています。成長のスピードは遅く、枝分かれしながらゆっくりと大きくなります。
アエオニウム属

黒法師の育て方と特徴

黒法師は、別名サンシモンとも呼ばれ、アフリカのカナリア諸島が原産地です。成長のスピードは早くはありませんが、木のように大きく育て、花を咲かせることも可能です。下の葉を落としながら上に向かって成長します。
多肉植物

多肉植物 ベンケイソウ科 アエオニウム属の種類と育て方

アエオニウムは、木立性で上の方に伸びていく植物で 葉は、幹の先端で花のように放射状に広がります。成長するにつれて古い葉は落ち 棒のように幹が伸びてその先端に葉が広がっていきます。まるで風の日の強いときの傘がひっくり返ったような容姿です。また、平べったい葉が 放射状に重なった状態をロゼット状といいます。葉は肉厚でヘラ状のものが多いです。小さなものから大きくなるものと様々です 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました