2021-06

季節ごとの育て方

多肉植物の育て方には 季節型別があること知っていますか?

ぷっくりとした葉と茎。水分をたっぷりと蓄えた体格は、雨が少なく気温の変化が激しい環境でも生き延びるための多肉植物の知恵です。体内に水分を蓄えることで厳しい環境に適応してきた多肉植物は、成長の時期と休眠の時期とが明確に分かれています。そのため一般的な草花であれば季節を問わず水をあげれば元気になりますが、多肉植物の場合は、休眠期に水を与えてしまうと最悪は枯れてしまう場合があります。
多肉植物

多肉植物 トウダイグサ科 ユーフォルビア属の育て方と特徴は?

ユーフォルビアは、熱帯から温帯(アフリカ大陸、中東、アジアなど)を原産地とするため、高温で乾燥した環境を好みます。寒さには弱いため、冬の管理には気を付ける必要がありますが、それ以外は比較的育てやすい品種です。 1年を通して日当たりと風通しのよい場所で育てます。ただし、寒さに弱いため冬は日当たりの良い室内に移動させましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました