観葉植物 ハートカズラの特徴と育て方は?

ハートカズラ 種類
スポンサーリンク

観葉植物 ハートカズラの特徴と育て方は?

ハートカズラは、名前の通りハートの形をした葉が可愛らしい観葉植物です。
丈夫で育てやすいため、インテリアグリーンとしても高い人気を誇ります。

スポンサーリンク

特徴

ハートカズラはガガイモ科セロペギア属の品種で、原産地は南アフリカです。
多肉でつる性があり、1~2cm程度の小さなハート型の葉を等間隔にたくさんつけます。
つるは成長すると2m程度まで伸びることがあり、ハート型の葉が連なる姿から「ラブチェーン」という別名で呼ばれることもありますが、正式学名は「Ceropegia woodii(セロペギア・ウッディー)」です。

ハートカズラで一番ポピュラーなのは、濃い緑の葉に白い葉脈がある「セロペギア・ウッディー」ですが、淡いピンクや白の斑が入った「レディ・ハート」という品種もあり、女性から人気です。

上手く育てると、夏ごろに細長い赤紫の花を咲かせます。
つる性を活かしたハンギングなどインテリア性も高く、育てやすいことから初心者の方にもおすすめの品種です。

ハートカズラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育て方

一年を通して、風通しの良い明るい場所で管理します。
日光を好むのでしっかりと日のあたる場所に置くのが良いですが、耐陰性もあるため室内でも育てられます。
根腐れをおこさないように、観葉植物用などの水はけの良い土を使用すると良いでしょう。

・春
風通しが良く明るい場所で育てましょう。
耐陰性があるため室内でも問題なく育てられますが、窓際など明るい場所を選んでください。
日照不足になると葉と葉の間が間延びして徒長してしまうことがあります。
水やりは土が乾いたら底穴から水が流れ出る程度にたっぷり与えますが、受け皿に水が溜まったままにならないように注意しましょう。

肥料あまり必要としませんが、薄めた液体肥料や置き型の化成肥料を少量与えても良いです。

・夏
風通しが良く明るい場所で育てます。
しっかりと日光のあたる場所で育てますが、葉焼けをおこすようであれば適度に遮光しましょう。

夏場は暑さで鉢内が蒸れないように、夕方以降の暑さが落ち着いた時間帯に水を与えてください。

・秋
風通しが良く明るい場所で育てます。
冬が近づくにつれて気温が下がってくると休眠期に入るので、状態をみながら水やりの回数を徐々に減らしてください。

・冬
風通しが良く明るい場所で育てますが、寒さは苦手とするので気温が5度前後になる前に室内の暖かい場所に移動させましょう。
窓際などの明るい場所が理想ですが、朝晩は温度が下がりやすいので注意してください。
休眠期にあたるので水やりは控えめにし、土が完全に乾いてから数日あけて与えます。
たくさん与えると土が乾かず根腐れをおこすことがあるので、乾燥気味を保ちましょう。

病気と害虫

ハートカズラは、カイガラムシなどの害虫がつくことがあります。
発見したらピンセットなどですぐに駆除するようにしましょう。数が多い場合は市販の殺虫剤を使用するのもおすすめです。

 

注意ポイント

ハートカズラは比較的丈夫で育てやすい品種ですが、寒さを嫌うので冬場の管理には注意が必要です。
室内の明るい場所に置き、暖房の風などが直接あたらないようにしましょう。

春から秋は、室外でしっかりと日光をあててください。
日照不足になるとつるが徒長してしまう可能性があります。

水やりは土が乾いたらたっぷりと与えますが、土が乾かないうちに与えてしまうと根腐れの原因になるので注意しましょう。
特に、冬場は休眠期で水をあまり吸わなくなるので乾燥気味を保ってください。

一般的な価格(販売価格)

ハートカズラはサイズによって価格が変わりますが、ポット苗などの小さめのサイズであれば500円程度で購入できます。
ハンギングなど大きい鉢で販売されているものは、数千円程度するものもあるので好みのサイズを選ぶと良いでしょう。
環境が合えば比較的成長も早い品種なので、小さい株を大きく育てていくのもおすすめです。

ハート型の葉が可愛らしく、インテリアグリーンとしても人気のハートカズラ。
ぜひ育ててみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました