カランコエ属

月兎耳(つきとじ)の育て方と特徴

月兎耳(つきとじ)は、別名ウサギの耳とも呼ばれています。葉の色や葉先の色の入り方で、福兎耳や黒兎耳などのウサギの耳シリーズが出ています。アフリカのマダガスカル島が原産で、寒さがとても苦手です。日光を好むため、真夏以外はたっぷりと日光浴をさせましょう。 
カランコエ属

子宝草(こだからそう)の育て方と特徴

子宝草は、別名クローンコエとも呼ばれます。原産地はアフリカのマダガスカルで、寒さが苦手、夏の直射日光もあまり得意ではありません。成長のスピードはゆっくりで上に伸びるように大きくなります。秋には葉先が紅葉して、うっすらとピンク色に染まります。植え付けから2~3年で花が咲く場合があります。花の形はスズランのような釣鐘型でピンク色をしています。 
エケベリア属

チワワエンシスの育て方と特徴

ベンケイソウ科 エケベリア属  チワワエンシス バラの花びらのような見た目。白い粉をまとい、エメラルドグリーンをした肉厚な葉。つんと尖った葉先はピンク色に染まり、コントラストが鮮やかです。その華やかで上品な見た目から人気の高い品種です...
スポンサーリンク
エケベリア属

フロスティーの育て方と特徴

フロスティーは、全体をおおう白い毛が個性的な品種です。多肉植物らしい肉厚な触感だけでなく、白い毛のもふもふとした肌ざわりも楽しむことができます。エケベリア属らしいバラの花びらのような見た目と、エメラルドグリーンのような色合いが上品で、見た目の美しさと育てやすさとで多肉初心者に人気の品種です。 
アエオニウム属

小人の祭りの育て方と特徴

小人の祭りは、アフリカのカナリア諸島が原産地です。アエオニウム属の特徴として、葉がロゼット状(放射線状)に密集して広がっています。成長のスピードは遅く、枝分かれしながらゆっくりと大きくなります。
アエオニウム属

黒法師の育て方と特徴

黒法師は、別名サンシモンとも呼ばれ、アフリカのカナリア諸島が原産地です。成長のスピードは早くはありませんが、木のように大きく育て、花を咲かせることも可能です。下の葉を落としながら上に向かって成長します。
多肉植物

多肉植物 ベンケイソウ科 グラプトベリア属の種類と育て方

グラプトベリアは、グラプトペタルムとエケベリアを掛け合わせた品種です。多くは薄く白っぽい粉を帯びた肉厚の葉がロゼッタ状に重なった植物です。エケベリアの耐寒性を持っていて0℃でも越冬できます。 夏の成長が盛んなため 気温が高いと徒長もしやすいです。
多肉植物

多肉植物 ベンケイソウ科 グラプトペタルム属の種類と育て方

グラプトペタルムは、初心者に向いている品種が多く 肉厚の葉がロゼット状に重なり上に伸びていく植物で 色の種類も豊富で 白っぽいものからピンクやブロンズとあり よく寄せ植えなどに使われてます。 
多肉植物

多肉植物 ベンケイソウ科 クラッスラ属の種類と育て方

多肉植物のベンケイソウ科 クラッスラ属を紹介します。皆さんがご存じの「金のなる木」などがあります。その他にも形、色 大きさなど沢山の種類があり育て方 水のやりかたなど わからなさそうなことをしょうかいしてますので是非ともご覧ください。 
多肉植物

多肉植物 ベンケイソウ科 カランコエ属の種類と育て方

カランコエは、鉢花と多肉植物とあり 葉が分厚く表面に光沢があるものや 月兎耳の様に葉にふさふさの毛のようなものが生えてるのもあります。沢山の種類があり花の色も オレンジ ピンク紅色 黄色 白などなどあります。形も種類も様々で観賞用として人気があります。 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました